フィラリア薬犬

犬のフィラリア症病気の説明

犬のフィラリア症とはどんな病気なのでしょうか?

 

フィラリア症とはフィラリアという寄生虫が感染し、心臓や肺動脈に寄生することにより起こる心臓疾患のことをいいます。フィラリアは蚊を媒介して感染するため、蚊の生息しない時期や地域ではほとんどフィラリア感染は起こりません。
フィラリア症の予防方法は蚊によって媒介されたフィラリアが成虫ロなる前に予防薬で殺傷することが一般的です。
フィラリア予防薬は感染して40日未満の子虫を殺傷して心臓にフィラリアが到達するのを防ぎます。

 

最近は多くの飼い主さんがフィラリア予防を行っているため統計上フィラリアの発症は下がってきています。

 

感染してしまうとフィラリアの駆除が困難であるため治療が困難ですが、完全な予防方法が確立し予防薬が出回っていますので、正しい方法で予防薬を使えば感染することはありません。。

 

 

【フィラリア予防方法A】
@蚊が発生する時期に入る前に動物病院でフィラリア感染検査を行い、フィラリアに感染していない事を確かめる。
Aフィラリア予防薬を蚊が生息している期間投与する。

 

 

【フィラリア予防方法B】
@蚊が生息していない時期に動物病院でフィラリア感染検査を行い、フィラリアに感染していない事を確かめる。
Aフィラリア予防薬を通年継続して投与する。

 

 

Bの場合、フィラリア感染検査が1回で済み、移行予防薬を服用し続けるためにフィラリアに感染する可能性はありません。

 

 

フィラリア症という病気は

フィラリア予防楽はどんな種類の薬があるのでしょうか

フィラリア予防薬はどれがいいのでしょうか

 

フィラリア予防薬は医薬部外品と医薬品に分かれますが、医薬部外品の効果は薄いと言われています。
医薬品となると動物病院もしくは輸入代行業者から購入することになります。どちらで購入しても製品は同じですが、診察などがない分輸入代行業者を利用した方が安くすみます。

 

自宅で利用できるのは「錠剤型」「ピュアブル型」「滴下型」になり、その中でも人気があるのはペットが食べやすくて全体的に一番価格の安い「チュアブル型」になります

 

【チュアブル型】
形といい大きさ、味どれをみても「おやつ」っていう感じの薬になります。ペットが食べやすいように随分工夫されていますね。価格も全体的に低めでフィラリア薬の中では一番人気があります。
フィラリア予防薬チュアブル型

 

【錠剤型】
人が服用している錠剤を思い浮かべて下さい。ペットが服用するのを嫌がるのが予想されるのであれば敬遠しておいた方がいいでしょう。
フィラリア予防薬錠剤型

 

【滴下型】
栄養ドリンクみたいな感じで服用する薬になります。人が飲んで試せないのでどんな味がするのか想像がつきません。
フィラリア予防薬滴下型

 

【注射型】
動物病院でしか投与できません。1年間効果が持続する注射もあり、他の薬と比べて手間がかからないのがいいですね。
フィラリア予防薬注射型

 

 

 

フィラリア予防薬医薬品の概算価格比較
  輸入チュアブル型(6回) チュアブル型(6回) 注射(1年) 滴下型(6回) 錠剤型(6回)
小型犬 2,400円〜3,400円 4,200円〜6,200円 4,900円〜6,900円 8,000円〜10,000円 4,000円〜6,000円
中型犬 2,700円〜3,700円 6,200円〜8,700円 6,900円〜9,900円 10,000円〜13,000円 6,000円〜8,000円
大型犬 2,900円〜3,900円 8,700円〜11,000円 9,900円〜12,000円 13,000円〜15,000円 8,000円〜10,000円
診察費

x

 

※予防薬の価格範囲は5社の調査結果によります。

 

 

「手間暇かからない」「価格」「ペットが食べるか」を考えて選ぶとなるとチュアブルタイプか動物病院での注射のどちらかを選択する方が多いようです。
動物病院では診察費と注射費がどれくらいかかるのか病院によってまちまちなので最寄りの動物病院に費用を聞いてみるのがいいでしょう。
費用面を重視するとチュアブルタイプは年間6000円程度で利用できますのでオススメです。

 

チュアブル型(輸入代行)のフィラリア予防薬はどこで購入できるのでしょうか

個人輸入代行業者の通販ショップで購入できます ⇒ ペットくすり

 

フィラリア以外のペットの病気情報や医薬品も販売しています。この通販ネットショップは2009年から運営されています。

 

日本では医薬品はお医者さんの診察が必要とされていますが、個人輸入は認可されています。
医薬品の個人輸入は「利用者の自己責任の範囲内で利用すること」とされています。フィラリア予防薬は動物病院で処方箋として出されても個人輸入できる薬と同じですので、安い個人輸入代行を利用したフィラリア予防薬が人気があるようです。
ほとんどの輸入代行業者は日本人スタッフが運用しており、輸出拠点(シンガポールや米国など)で受注から出荷まで管理しています。日本人が運用していますので、お客様対応は日本人好みのサービスとなっているようです。

 

輸入代行通販ショップについて
・日本語表記となっており一般的な通販ショップと変わりません。
・問い合わせはメールか電話になります。サイト内にかなり多くの情報が掲載されていますので問い合わせの必要はないと思われます。
・商品の購入方法は「カート」に商品を入れてカード決済となります。
・商品が破損していれば電話、メールサポートできちんと対応してくれます。

 

しいて違和感を感じる事をあげるとすると到着した箱が傷んでいるくらいです ^^

 

東京の国内コールセンターに電話をしてみました。聞いたことは以下にまとめていますが、対応は丁寧でした。

 

 

コールセンターに質問した内容は以下の通りです。

 

海外からの発送となると送料が割高になるのでは?

宅配便と同じくらいになります。○○○○円以上の購入で送料無料としているショップもあります。安心といわれる国際ESP配送ですので荷物の追跡ができます。

発送期間はどのくらいでしょうか?

約1週間程度かかります。

製品は純正ですか?

日本で売られている商品とまったく同じです。メーカーから一括仕入れし、倉庫から出荷しています。

犬の薬フィラリア予防薬 個人輸入ショップ −売れ筋順−

ストロングハートチュアブル概要

ストロングハートチュアブル詳細ボタン

 

キウォフハート概要

キウォフハート詳細ボタン

 

ハートガード(カルドメック)概要

ハートガード(カルドメック)詳細ボタン

 

ダイロハートチュアブル レボリューション概要

ダイロハートチュアブル詳細ボタン

レボリューション詳細ボタン


フィラリア予防薬 フィラリア予防薬 犬 フィラリア予防薬 通販 フィラリア薬 フィラリア薬 通販 犬 フィラリア予防薬 犬の薬 フィラリア